占い師に必要なのは解釈力

占いをやってみよう、と思った時に、どうしてもハードルが高いと感じてしまうのは、占いには霊感と同じように「才能」が強く関わっているから、という思い込みがあるからである。テレビなどで見る占い師は、相手の悩み事や占ってほしいことをズバズバと言い当てる、それは特別な才能を持っているからだと思い込んでしまい、自分には無理だと考えてしまう。しかし占い師に本当に必要なのは、才能ではなく「理解力」と「解釈力」だ。例えばタロットを用いた占いを行う場合、スプレッド(どのようにタロットカードを配置するか)は異なるかもしれないが、大アルカナの種類はおおよそ決められている。魔術師の正位置(自分から見て正しい向き)なら「想像」や「幸先良し」、「スタート」といった意味が。力の逆位置(自分から見て逆の向き)なら「臆病な心」や「敬遠される」などといった意味となる。

おおむね正位置が良い意味、逆位置が悪い意味になりがちなのも共通点だ。これはプロもアマチュアも、同じ意味を享受することとなる。では、同じタロットカードを用いる時、異なるのは「解釈」だ。例えば現在の状況を示すカードをめくった時、それが魔術師の正位置であれば、それは果たして想像力が豊かなのか、あるいは既に想像は終えスタートを切っているという意味なのか。占い師はそれを推測し、解釈する。その際に占ってもらう者と会話することもあるだろう。質問などを行ってカードの意味を知る、というパターンもある。必要なのはカードの意味を知ることだけではなく、カードが何を示しているか分かるようになることである。もちろん最初の頃は、大アルカナの意味に従うだけでも構わない。ただし大アルカナにも1枚あたり多くの意味が内包されている。相手の考えていることや思っていることを知れば、引かれたカードが何を示しているか、ぼんやりと見えてくるだろう。最初のうちは、そこからさらに追及してみると良い。ある程度、コツを掴んだら、最低限の質問で解釈が完了できるようになれば、占い師としては成長したと言える。何も知らない、占われる者からすれば、「どうして(相手は)そんなことまで分かるんだ」と驚き、また腕を信用してもらう要素ともなる。

才能がないからといって最初から投げ出してはならない。解釈の学習・経験を積むことで、脳の活性化、アイディア力、連想力などの向上にも繋がる。まずはカードから、色々と連想してみるのが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*